妊婦だったころあるある?

※2018/8/2追記 こちらの記事の内容は、現在新ブログで更新しています(*^^)v

 

週末も寒い日が続いて、やや風邪気味になってしまった森原です(=゚ω゚)ノ
皆様いかがお過ごしでしょうか~!

さて、去年無事子どもを出産した森原。
その後は育児に追われて、お腹が大きな妊婦さんだった頃が逆にとても懐かしく思います(笑)

そんな妊婦時代、いろいろ思っていたころがあるんですよね~(*´ω`*)

それは、街中を気分転換がてら歩いていた時のこと。

妊婦となれば、ついつい目を向けてしまう子連れの夫婦
しかしながら、見てみると抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしているのは、高確率で『ママ』の方。

(いやいやいや。パパも抱っこしなよ~ママより力強いんだからさ~!!ヽ(`Д´)ノプンプン)

……なんて、内心勝手に突っ込んではプリプリしていたわけです(笑)←おばはん
人の家庭に首突っ込むなって話なのですが、
プレママの状態が長く続くとそんなことも目についてしまうものなのですね(笑)

しかし、いざ自分がママになってみて思ったこと。

――抱っこ紐のサイズ調節、面倒くさっっ!!(笑)

そう。平日はママが抱っこ紐を使うため、ママサイズに整えられている抱っこ紐のベルト。
休日パパが抱っこ紐を使うとなると、ベルトをすべてパパ仕様に緩めなければならないわけで……。

抱っこ紐のベルトって、やらやら背中やら…調整する場所がたくさんあるんですよね(笑)
せっかくのジャストフィットの状態を、再び調整する苦労たるや…!
…いや、これは森原が不器用なだけかもわかりませんが(笑)(;^_^A

そんなこんなで、なんなら休日もすすんで、
「私が抱っこするよ!(=抱っこ紐調整するの面倒だし^^)
…という流れになるんですよね~(笑)

結論:休日にパパが抱っこしてなくても、それはパパが面倒くさがってるとは限らない~!!

…という、もしかしたらあるあるかもしれないエピソードでした(笑)
それでは皆さま、よい週末を!

森原すみれ