小説投稿サイトの表紙画像を「かんたん表紙メーカー」で作ろう!手順をまとめました。

こんにちは! 森原すみれ(@soshiteasa)です。

今日日、スマホやPCがあれば小説投稿サイトで気軽に自作小説を投稿できるようになりましたね。
森原も現在、アルファポリス・エブリスタ・小説家になろう等の投稿サイトを利用しております!

ですが、小説を書いたものの「小説の【表紙画像】ってどうやって作ればいいの?」と悩まれる方、いらっしゃるのではないでしょうか?

森原

投稿初期の森原も、ズバリそのうちのひとりでした…

そこで今回は、【小説投稿サイトの表紙画像を「かんたん表紙メーカー」で作ろう!手順をまとめました。】と題してお届けします!

こんな人向けの記事です
  • 投稿サイト用の【表紙画像】の作り方を教えてほしい!
  • 今作っている【表紙画像】をもっとセンスのあるものにしたい!

そんな皆さまのお力になれれば幸いです。

 

表紙画像の作りかた手順

森原の表紙画像の作る手順は以下の通りです。

STEP.1
画像データのサイズを確認
STEP.2
表紙に使う画像をさがす
STEP.3
「かんたん表紙メーカー」で表紙画像をつくる
STEP.4
完成!

折角書いた小説の顔となる【表紙画像】。
小説の素敵さが存分に伝わるような表紙を目指して、一緒に頑張りましょう~!

 

①画像データのサイズを確認

下準備はとっても大切!
まずは小説投稿サイトの「画像データのサイズ」を予め確認しておきましょう!

森原

これを怠ると、折角完成したデータがうまく表示されない…なんて悲劇も…!(経験者)

2021年8月現在、主な小説投稿サイトの画像データの推奨サイズは以下の通りです。

  • アルファポリス…711px・500px
  • エブリスタ  …7:5
  • 魔法のiらんど …696×981px以上(※アスペクト比1:1.41)

「縦横比率」は3サイトとも大体同じですね。

大切なのは「サイズの大きさ」!
特に推奨サイズより小さい場合は、画像が荒くなる可能性があります。

可能な限り、推奨サイズに近い画像を用意したいですね。

 

②表紙に使う画像をさがす

現在ネット上には素敵な素材サイトがたくさんありますね♡
各サイトの利用規約をよく確認した上で、小説イメージにぴったりな画像を探しましょう!

注意
ネット上で見つけた画像にも、各々著作権があります(著作権フリーの画像もあるかもですが、かなり稀!たぶん!)。素敵だからと無断で使うのは絶対にやめましょう!

森原がよくお世話になっている素材サイト様は以下の通りです。
2021年8月現在、無償利用OKの素材サイト様ですが、利用規約や禁止事項は利用の都度確認をお願いいたします!

  • GIRLY DROP≫TOPページ ≫ライセンス 
  • Pexels(※英語サイト)
    (TOP)https://www.pexels.com/ja-jp/
    (ライセンス)https://www.pexels.com/license/
    (商業利用について)https://help.pexels.com/hc/en-us/articles/360042295214-Can-I-use-the-photos-and-videos-for-a-commercial-project-
  • Unsplash(※英語サイト)
    (TOP)https://unsplash.com/
    (ライセンス)https://unsplash.com/license

 

③「かんたん表紙メーカー」で表紙画像をつくる

画像が決まった後は、いよいよタイトルの文字入れに進みましょう!

表紙づくり初めての方にオススメのサイトが「かんたん表紙メーカー」です。

ダウンロード画像や選ばれたフリー素材に、タイトルを格好よく乗せてくれる本ツール。

例えば、
タイトル『恋する狐は (改行)お稲荷さんを(改行)今日も貢ぐ 』
画像:鳥居(サイト内一覧にあるフリー画像)
設定:アプリ明朝・タイトル白・文字フチなし・枠白(太い)で作成すると…


 

…とこのように、縦横デザインさまざまに表紙を作ってくれるのです!スゴッ!

森原

どのデザインにするか迷ってしまいますね…!

出来上がった画像には、下部にクレジット表記がされます。こちらは削除せずに使用しましょう

また、自分で探した画像を使う際は、以下のようにアップロード画像について記載する欄があります

利用の際にクレジット表記の必要ないサイト様もありますが、記入すると提供者様も喜んでくださいますね。

なお、作成した画像は自動で【縦908px・横630px】になります。
魔法のiらんどの推奨サイズよりもやや小さめですが、許容範囲ではないでしょうか←

森原

利用の際は、利用規約をご自身でも一度ご確認くださいね。

これで完成画像をダウンロードしたら、表紙画像は完成です!!

 

(参考)森原流・いい感じの表紙画像をつくるコツ

さて、表紙画像は無事に完成できたでしょうか?

慣れないうちは、「あれ。なかなかイメージ通りにいかない」「もっと格好いい感じにしたいんだけど…うまくいかない!」となりますよね。森原も現在進行形でいつも頭を抱えています…!

そんな中で、森原がコツコツと学んできた「表紙画像をつくるコツ」を、ここで書き添えたいと思います。

森原

あくまで素人の視点から見た意見ですので、予めご了承くださいねー!

 

コツ①文字の色は「白」(もしくは「ふちどりした白」)

画像内の色が多すぎると、ごちゃごちゃした印象でタイトルが読みづらくなってしまうことも。
タイトル文字は、背景画像の色味が濃ければ「白」!薄ければ「ふちどりした白」!これがベストです!
また、ふちどりの際はすこしぼやかした方が自然に馴染むのでおすすめです。

 

コツ②文字フォントはこだわりがなければ「明朝」で

文字フォント、たくさんあってどれにしようか迷いますよね…!
こちらは小説のないようにもよるのですが、森原は迷ったときは「明朝体」と決めています。
「明朝体」はすっきりスタイリッシュで小説の雰囲気を壊さないフォントですよね。
個人的には「こころ明朝体」が好きです♡

 

コツ③背景画像を編集してみる

背景画像をさらにイメージに近づけるため、いろいろ編集してみるのもいいですね。
森原は「明るさ」「彩度」「露出」あたりをよくいじります。
あえて暗みを出すことによって、タイトル文字がパキッと映えることもありますよー!

森原

皆さんも色々と試して、自作にぴったりお表紙画像をつくってみてくださいね!

 

さいごに

ということで今回は、【小説投稿サイトの表紙画像を「かんたん表紙メーカー」で作ろう!手順をまとめました。】と題してお届けしました。

小説投稿サイト用の表紙画像をつくる方のお役に立てれば幸いです♡

それでは、ここまでお読みいただきありがとうございました。

森原すみれ

 

\長編小説の執筆工程を晒します/
13万字長編小説の執筆工程、公開します。13万字長編小説「小樽あやかし香堂」の執筆工程、公開します。

\Twitter力を付けて小説を知ってもらおう!/
「自作をもっと知ってほしい!」Twitter力を身につけたい小説家の皆さん必読のビジネス書3冊。「自分の作品を未来の読者さんへ届けたい」Twitter力を身につけたい小説家の皆さん必読のビジネス書3冊。