職と住処を失った日鞠は 遠い日を過ごした 北海道を訪れる。 (1)