デスクワークのかた必見!心身のリフレッシュにおすすめな書籍4冊

当記事は以前公開していたnoteより移転した記事です。

デスクワークでお疲れの皆さん、ようこそお越しいただきました!(笑)

デスクワーカーとしてお過ごしの方のなかには、

「慢性的な運動不足」
「体がいつもどこか不調」
「肩こりがデフォルト」

…なんて方、きっといらっしゃいますよね?(全部もりすみ自身)

本記事では図書館大好きもりすみが、
「図書館で借りる→からの→購入!」を決めた書籍のなかで、

心身のリフレッシュに最適な書籍をご紹介させていただきます!(●´ω`●)

読む方を限定する必要はありませんが、
もりすみ自身デスクワーカーでとても為になった書籍ばかりです♡

ぜひ皆さんの参考になればと思います。

◆自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ(崎田ミナ著)

会社のデスクでも、トイレでも、布団の上でも、
プチ不調をいつでもどこでも簡単リセット!
カラダとココロが楽になる
ずぼらでも、運動ギライでも続けられるヨガを、イラストエッセイでお届けします。
(※上記サイトにて引用)

◯特徴◯
ゆる~いイラストで丁寧に簡単ヨガを教えてくれる。
・著者自身がヨガで体調回復した経緯も紹介されていて、親近感がわく。

◯こんな人にオススメ◯
「ヨガに興味がある! でもなんだか小難しそう…?」という人

◯定価◯
1,111円(税抜)

実際に体調不良を抱えていた著者が実践してきたヨガのポーズを、ひとつひとつ丁寧に解説してくれている一冊。
かといって、小難しい解説はありません!
端的に「そのポーズをどうやって」、「どの部分が伸びて」、「結果どんないいことがあるのか」
そんな実にシンプルなことが、わかりやすいイラストとともにしっかりと記されております♡
また、「意識高い系の人が眩しいっ!」といったズボラさんあるあるのエピソードをちょいちょい挟んでくれるため、見ていて安心したり共感したり…(笑)
内容は1章「リラックス」、2章「元気が出る」、3章「リフレッシュ」、4章「おすすめメニュー」との構成となっており、その時自分に必要と思うヨガポーズを簡単に選ぶことができます。
4章は特に、朝メニュー、昼メニュー、夜メニューがそれぞれ提案されているので、これを習慣にできれば本当にいいんだろうなあ…←

◆調子いい!がずっとつづく カラダの使い方(仲野孝明著)

「絵」で分かるからすぐ実践できる!
疲れをリセットしたり、痛みを和らげたりする方法ではなく、 疲れをためずにカラダが良い状態をキープできる 「歩き方」「立ち方」「座り方」などを教えます。
呼吸、デスクワーク、カバンの持ち方など日常のあらゆる動作を網羅しています。
(※上記サイトにて引用)

◯特徴◯
・日常のあらゆる姿勢に対し、気をつけたらいいポイントを伝授!
・可愛いイラストが読む意欲アップ!

◯こんな人にオススメ◯
「日常で取り入れられる、体にイイコトをやってみたい!」という人

◯定価◯
1,300円(税抜)

日々のよくある姿勢・動作をピックアップし、すぐに実行できる「疲れない」ポイントをアドバイスを伝授してくれる一冊。
例を挙げれば、「疲れない呼吸」「疲れない立ち方」「疲れない歩き方」「疲れないデスクワーク」などなど。
もりすみ自身目からうろこだったのが、書籍の表紙イラストにもなっている歩き方の「疲れない」ポイント。歩くときは足の付け根から歩くのでなく、「みぞおちから脚が生えたように歩く」
これを意識して歩くと、確かにいつも使っていない筋肉をぐいぐい使って歩いていると実感でき、ただ歩く動作がいい全身運動になっていると感じています♡
その他、「疲れない生き方」の項目では「落ち込んだとき」「イライラした時」「ネガティブになりそうなとき」なども動作ひとつで対応できると紹介されており、とても為になりました!
イラストの説明も見ているだけで楽しくなるものばかりで、是非一度手に取っていただきたい一冊です♡

◆ストレスゼロの生き方 心が軽くなる100の習慣(Testosterone著)

あらゆる悩みをブッ飛ばす! 社長としていくつものプロジェクトを動かしながら、87万人超のフォロワーに向けて毎日のように情報を発信し、書籍も執筆している著者は、なぜ「ストレスゼロ」で毎日を過ごせるのか? 「やめる」「捨てる」「逃げる」「受け入れる」「貫く」「決める」などのキーワードに沿って、現代社会の生きる人々のあらゆる悩み、不安、イライラを吹っ飛ばす100のアドバイスを一冊に集約!(※上記サイトにて引用)

◯特徴◯
ストレス社会を生きる人たちへの、筆者からの熱いエール!
・文体が筆者から直接語り掛けられているようで、読むだけで元気に!

◯こんな人にオススメ◯
「最近ネガティブになることが多いかも…」という人

◯定価◯
1,200円(税抜)

もりすみもフォローさせていただいているTestosteroneさん(@badassceo)の著書!
本書内で「突然だが、俺にはストレスがない」と断言するほどのポジティブな方。そんな著者のストレスに対する姿勢や対処法などを、100の習慣と題して紹介されています。
基本的にストレスにめっぽう弱く精神ダメージがすぐ体にも直結するもりすみにとっては羨ましい限りで、是非ともその思考習慣を伝授されたく購入しました(笑)
読んでいくと、「確かに!」と納得できる習慣の数々。例を挙げると、「『コントロールできないこと』で悩むのを、やめる」「『でも』と『だって』を、捨てる」「元気がないときはひとりの世界へ、逃げる」「嫉妬の感情を、受け入れる」などなど。
そして書かれる内容もとても具体的で、ぼんやり誤魔化したような説明が全くない。自分の中で腹落ちできる感覚があり、読んでいてとても気持ちがいい。
心の疲れがたまっている…という方に、是非ご紹介したい一冊です。

◆瞑想を始める人の小さな本(パトリツィア・コラード著)

瞑想と呼吸法を中心にすえた心のエクササイズ、マインドフルネス。
過剰な情報、重度のストレス、不健康な食事などによる不調を軽減し、免疫力を高め、
感受性や創造力を高める効果もあるといわれ、世界中で多くの人が実践しています。
本書はそのエッセンスを毎日手軽にできるかんたんな5分間エクササイズ、
10分間エクササイズとともに紹介したポケットブックです。
(※上記サイトにて引用)

◯特徴◯
・絵本のような優しいタッチのイラストが超絶大人女子好み(もりすみ主観)
・これから瞑想を始める人が手に取りやすい、軽めの一冊

◯こんな人にオススメ◯
「瞑想って最近聞くけど、マイペースに気軽にはじめたいなぁ」という人

◯定価◯
1,000円(税抜)

書店で偶然目にしたもりすみが、パラパラ中身をめくったが最後、小脇に抱え手放せなくなった書籍です(笑)
まず一気に惹かれたのは表紙やなかのページにちりばめられた素敵なイラストたち…! 恐らく目にした大人女子の方々は、ほぼ間違いなくもりすみと同様その書籍を手放せなくなるでしょう(笑)
そのくらいほんわか癒されて美しいイラストなんです♡
そして内容もまた、優しく語りかけてくれるような文体で構成されています。
書籍自体がコンパクトなこともあり、内容も初心者にうってつけのシンプルで手軽なものばかり。5分・10分でできる瞑想の方法が、約25個紹介されています。
最近は瞑想関連の書籍も多くみられるようになりましたが、どうもとっつきにくさを感じてしまっていたもりすみ。この書籍を傍らに、少しずつ習慣化できればと思っています…。

おわりに

というわけで今回は、
心身のリフレッシュに最適な書籍をご紹介させていただきました。

デスクワーカーの方は体を動かす機会を意識的に作らないと、一日中PCに向かいっぱなし…なんてことも珍しくありませんよね(;^ω^)

そんな皆さんの体の不調、ストレスなど解消にきっと役立ってくれる書籍を選ばせていただきました!

気になった書籍がございましたら、ぜひ一度お手に取ってみてくださいませ♡

それでは、ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

森原すみれ