new『薬膳おおかみ』番外編&第二部 完結

作品紹介

無断転載は禁止です。R15程度の性描写及び同性愛要素が含まれる場合がございます。
長編 中編 短編  感想
エブリスタ アルファポリス なろう

書籍化作品=BOOK STORY=

あやかし薬膳カフェ「おおかみ」完結 キャラ文芸

=第3回キャラ文芸大賞「特別賞」受賞作=
=アルファポリス文庫さまより刊行しました=
=2022/4/22 番外編&第二部完結しました!=
目まぐるしい激務により退職を余儀なくされた桜良日鞠(さくらひまり)、26歳。
思い出の街を探しに赴いた北海道で昏倒した日鞠を助けたのは、薬膳カフェを営む全身無彩色の不愛想な男だった。
不可思議な生き物が出入りするカフェで巻き起こる、ミニラブ&ミニ事件ストーリー。

 

長編 完結作品=LONG STORY=

小樽あやかし香堂 完結 キャラ文芸

26歳女子・千草野紬(ちぐさのつむぎ)。
ある日不思議な子犬の落とし物を拾い、辿りついた先は北海道小樽市だった。
ノスタルジックな街・小樽の街並みに心躍らせていた矢先、紬は香炉を手にした和装男子、橘紫苑(たちばなしおん)に出逢って…。

《小樽の街で、癒しの香りをいかがですか?》
《ご用命はJR小樽駅から徒歩5分、小樽たちばな香堂へお気軽にどうぞ》


あやかし憑き男子高生の身元引受人になりました 完結 キャラ文芸

=第3回富士見ノベル大賞 一次選考通過作=
単身「何でも屋」を営む七々扇暁(ななおうぎあきら)、28歳の前に、突然容姿端麗な少年が現れる。
暁の甥を名乗る少年・千晶(ちあき)。「ここに自分を置いてほしい」と懇願されるが、どうやらこの少年、ただの愛想の良い美少年ではないようで――?
人間とあやかしと家族。心温まる絆のストーリー。


芽吹と息吹 完結 ライト文芸

両親の海外赴任で一人暮らしをする予定だった、高校1年の芽吹(めぶき)。そんな中「兄」を名乗る男、息吹(いぶき)が現れて――?
「可愛い妹に手を出すような真似、お兄ちゃんは絶対しないから」
不思議に包まれた兄と初対面の兄に戸惑う妹。つぎはぎ家族が織りなすほろ苦いハートフルストーリー。


ことりの上手ななかせかた 完結 恋愛

堀井小鳥は、気弱で男の人が苦手なちびっ子OL。
しかし、ひょんなことから社内の「女神」と名高い沙羅慧人(しかし男)とお近づきに。それだけでも恐れ多いのに、沙羅は小鳥を気に入ってしまったみたいで――!?
小動物系OL×爽やか美青年のじれじれ甘いオフィスラブ。


ウオノメにキス 完結 恋愛

「私を、”そういう対象”に入れるなっていうのに……!」
「時間をかけてゆっくりと俺のものにするほうが、手に入れ甲斐があるでしょ?」
容姿端麗な大学司書・小野寺杏は、あることをきっかけにカフェの従業員・関透馬と知り合う。一見物腰の柔らかな彼に好印象を抱くものの、後日、奴の本性(?)を目の当たりにして……。


恋物語

「だから嫌いなんだ……男子高校生は」
「女全般、興味ないから」
男子高校生が苦手な女子大学生の高屋美咲と、生粋の女嫌いな男子高校生の御崎ルイ。恋愛初心者2人の恋物語。

中編 完結作品=MIDDLE STORY=

image


この家には二度と戻らないと思っていた。何故なら此処は、私の家ではないのだから。
自分の居場所を与えられず育った月影みなみは、ある手紙によって幼き日の住処に戻る。憎き祖母が遺した、遺言状によって――。
(※こちらにも転載しております)

bloom


騎士団副団長のソイルが護衛を務めることになっていた今年の春の精霊。それは予想とは裏腹に1人の小さな少女だった。
素直じゃない2人のラブファンタジー。

短編=SHORT STORY=

「シンデレラ」をモチーフにした短編。forestpage主催「ファンタジー小説コンクール」佳作受賞作。

image
「春」をテーマにした企画集。繋がっていないようで繋がっている、彼らの春の日。
「恋物語」と「ウオキス」の彼らが登場します。

一言感想フォーム=MESSAGE=

ご感想・誤字脱字報告など、お気軽に一言お送りください。