はじめての【サイン本プレゼント企画】体験記録。憧れの出版企画の舞台裏。

こんにちは! 森原すみれ(@soshiteasa)です。

長年「自分の小説を出版デビューできたら素敵だなあ」と夢見てきた森原。

加えて、「そのときには、憧れのサイン本企画をしたいなあ」とも妄想しておりました。

そしてそして、ついに出版の夢が叶った!

憧れていたサイン本企画も、ぜひぜひやってみたい!

森原
森原

でも、サイン本企画のやり方がわからない!!(ガーン!!

右も左もわからない。

それでも何とかやってみたい!

森原、はじめての【サイン本プレゼント企画】体験記録をお届けしたいと思います。

担当編集者さんに企画のお伺いを立てましょう

何か始めるにあたっては、担当編集さんへのお伺いが大切。

なにせ右も左もわからない新人作家。少しでも疑問や不安があれば担当さんへ。です!

結果、サイン本企画は問題なく進行することになりました。

本当に本当にありがとうございます!

 

自分のサインをつくりましょう

サイン本企画に必要なもの。それはずばり、サイン本!

森原
森原

ところで、サインってどう書けばいいんだろう?

森原にはサインを書いた経験なんて、当然ありません。

つまり現時点で、森原すみれのサインはこの世に存在しないのです!(バーン!!

当たり前のことに気づいた森原は、さっそくノートに向き合いサイン案を書き始めることに。

そして再び気づいたこと。

森原
森原

サインを作るのって、難しい…!!

あれこれ文字をこねくり回して、漢字にしたり、ひらがなにしたり、アルファベットにしたり。

家族も巻き込んで、いくつもいくつも書きました。

そんな苦労が実り、ようやく森原すみれのサインが完成したのでした。

 

企画の内容を決めましょう

次に、サイン本企画の具体的な内容をつめていきます。

募集期間は?

プレゼントは何冊?

発送情報の頂き方は?

発送予定日はいつごろ?

しっかり決めたあと、わくわくしながら作った企画画像がこちらです。

使用したツールは、毎度おなじみ『Canva』という画像作成ツール。

画像作成にはいつもとてもお世話になっております。

 

ツイッターで企画をお知らせしましょう

いよいよツイッターにて、皆さんに企画内容をお伝えするときがやってまいりました…!

このツイートするにあたり、恐らく10分以上スマホ片手に固まっていました。

何か不備はないかな…?

変なこと書いていないかな…?

誰も応募してもらえなかったらどうしよう…?(※1番の不安)

そんな不安を拭い去り、勇気を出して、えいや! ポチ!

無事に企画告知のツイート完了です!

あとはただただ、応募があることを祈るのみです…。

 

応募締め切り!当選者を決めましょう

有り難いことにたくさんの応募を頂き、応募を締め切りました。

ここから、どきどきの当選者決定のお時間です。

森原の選出方法は、こんな流れでした。

  1. 応募者の人数を数える。
  2. ランダム数字で10人分の数字をメモする。
  3. 応募順番で当選者を決定する。

ランダム数字は、ネットで『ランダム数字』と検索すると出てくるものを活用いたしました。

選出された皆さんひとりひとりに、改めて感謝の気持ちがじんわりこみ上げてます…。

 

当選者さんへご連絡しましょう

当選者さんが決まり、次にするべきは当選者さんへのご連絡です。

告知ツイートのとき同様、文面を作り終えたあとも、10分以上スマホ片手に固まっていました。

何か不備はないかな…?

変なこと書いていないかな…?

誰からもお返事を頂けなかったらどうしよう…?(※謎の不安)

しかし、勇気を出してお送りした当選のご連絡に、皆さんとても喜んでくださいました!

お忙しい中とても温かくご対応いただき、泣きそうになるほど感動いたしました…!

 

サイン本をつくりましょう

そしてついに、どきどきのサイン本作りの開始です!

いろいろと試した結果、ペンはポスカの黒色を使うことにしました(2巻のときは金色にしました)。

最高潮に緊張しながら、書き込む自分の初サイン。

書き損じることのないよう、慎重に慎重に。

拙い筆跡の代わりに、溢れるほどいっぱいの感謝の気持ちを込めて。

これを受け取った方に、どうかたくさんの幸せが訪れますようにと、深く深く願いながら書いていきました。

 

発送作業をしましょう

サイン本を発送するにあたり、次に必要なのは梱包作業ですね。

森原は、発送には「スマートレター」を利用しました。

郵便局やコンビニなどで購入できる、定額発送の厚紙封筒です(追跡はできません)。

森原
森原

文庫本をお送りするのに、とてもいい大きさなのです♡

サイン本保護のためのビニル袋と心ばかりのお手紙セットも、文具屋さんでうきうき選んだ森原。

そしてついに……スマートレター、閉じます!!

送付先住所を何度も確認したあと、郵便局へと持ち込みました。

そして、空っぽになった鞄とともに帰宅。

私って幸せ者だなあ、と改めて実感した瞬間でした。

 

人生はじめてのサイン本企画を終えて

人生ではじめての、もしかしたら最後かもしれないと思っていた、憧れのサイン本企画。

拙い箇所も多々ございましたが、皆さんのお力添えで無事に完遂することができました。

森原
森原

本当に本当に、ありがとうございました!

このほか、「#自作POPを1カ月アップします企画」についての記事も書かせていただきましたので、

こちらもぜひぜひお楽しみいただければと思います♡

「#自作POPを1カ月アップします企画」を完走いたしました。1カ月間のあれこれと後日譚。

それでは、ここまでお読みいただきまして誠にありがとうございました。

森原すみれ