ポメラDM200の便利機能で、新米小説家が快適な執筆環境を整えました。

 

こんにちは、森原すみれ(@soshiteasa)です。

森原
森原

現在【ポメラDM200】を愛用中の、新米小説家です!

今回は、小説執筆をより便利に快適にしてくれる、『【ポメラDM200】の隠された(?)便利機能』をご紹介したいと思います。

ポメラで執筆をお考えの皆さんのお力になれれば幸いです!

 

注意

こちらの記事では【ポメラDM200】の個人的活用法をご紹介しております。現在の最新機種【ポメラDM250】ではございませんので、予めご承知置きください。

ポメラDM200の簡単なご紹介

ポメラDM200は、キングジムさんから発売されていたデジタルメモ

現在【DM200】は販売終了しており、新型機【ポメラDM250】が発売しております。

森原はシナリオライター時代から、長年ポメラ執筆をしておりました!

ポメラDM200の推しポイントなど、詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞご覧くださいね。

 

小説執筆に使いたいポメラDM200の便利機能

執筆作業をより快適にするために森原お世話になっている、様々な便利機能をご紹介しますね。

 

❶PCとデータのやり取りがサクサクできる「メモリーカード」を準備しよう

ポメラDM200とパソコンの間のやりとりを、森原は「メモリーカード(SDHCカード)」にて行っております。

他の方法もありますが、アナログ人間の森原はこの方法です。

やりとりをするときになって「メモリーカード、ない!」と焦る前に、準備をしておくのがいいですね。

 

❷よく使う単語を「単語登録」しよう

これから執筆する予定の小説で、よく使う文字の「単語登録」をしておきます。

「人名」「地名」「店名」などですね。

例えば、拙著『あやかし薬膳カフェ「おおかみ」』では、『七嶋のおばあちゃん』を『な』の1文字で登録しておりました(笑)

ポメラで執筆したデビュー作です

 

❸よく使う機能を「ショートカットキー」登録しよう

ポメラDM200では、お好みの「ショートカットキー」を登録することができます。

森原も、よく使う機能をF1~F9ボタンに登録しています。

森原
森原

どの機能を割り振ったのか忘れないよう、ボタンの上にシールをぺたりと貼っています♡

 

❹気になる箇所をマークできる「付箋文」を登録しよう

指定した箇所に、文章内をひょいひょいジャンプすることができる「付箋文」

付箋文はお好きな文字に設定でき、森原は『.【★確認★】』にしています。

ポイントは、『.(半角ピリオド)』を頭に含めること。

アウトライン画面で文頭に使用した際、「見出し」としても表示させることができて、二重に便利です。 

そして、どうしても手が止まってしまうシーンに…付箋文をペタッ!

こうすることで、振り返りの際により見落とさないようになりますね。

 

番外編:「小話ごと」にファイルを作っておこう

便利機能とは違いますが、森原の小さな執筆ルールをひとつ。

ポメラDM200は、1つのテキストファイルにつき最高10万字まで執筆できます。

長編小説1作品を考えると、微妙に上限にかかりそうな文字数なんですよね…!

文字数オーバーを防ぐため、森原はいつも小話ごとにファイルを保存!

小話3~4話分を、『タイトル-1』『タイトル-2』のように分けています。

 

さいごに

今回は、森原がいつもお世話になっている、『【ポメラDM200】の隠された(?)便利機能』をご紹介しました。

ポメラは、長年森原の執筆を支えてくれている相棒さんです。

森原
森原

こんなに素敵なアイテムを作って下さったキングジムさん、本当にありがとうございます!

ここまでお読みいただきましてありがとうございました。

森原すみれ

 

 

\物書きまわりの記事はいかがですか/