イメージソング探索家の徒然なる日々。長編小説に素敵なメロディーを添えて。

こんにちは。森原すみれ(@soshiteasa)です。

森原
森原

現在、主にキャラ文芸小説を執筆しております!

 

森原はこれまでいくつかの長編小説を書いているのですが、

執筆中、その作品の「イメージソング」を探す習性があることに気づきました!

森原
森原

結構かなり、真剣に、長時間、探し回ってしまいます!笑

 

 

作品の空気感やイメージ、与える印象を、

「曲」という別の視点からも確かめたくなるのかもしれませんね。

というわけで今回は、今まで執筆してきた長編小説の個人的イメージソングについて徒然語らせていただきたいと思います。

森原
森原

皆さんの作品イメージと比べて頂きながら、まったりお付き合い頂ければ幸いです♡

(※以下、敬称は省略させていただきます)

 

あやかし薬膳カフェ「おおかみ」のイメージソング

まずは、森原のデビュー作『あやかし薬膳カフェ「おおかみ」』。

森原
森原

行き場を失い半分自棄になった日鞠が北海道の薬膳カフェでイケメンあやかし孝太朗と類に出逢い温かな縁の糸を結んでいく胸きゅん物語です!(一息!)

 

こちらの作品は、有難いことに3巻刊行させていただいておりまして、

その話ごとに違うイメージソングがございます。

森原
森原

執筆期間も長い分、たくさんのイメージソングに力になって頂きました♡

 

作品全体のイメージソングは『泣いても 泣いても/藤田麻衣子』です。

健気でひたむきな主人公、日鞠の心が歌われているような素敵な曲。

藤田さんの透き通るような歌声も、聞くたびに心癒されます。

 

次に、2巻の3話「十二月、化け狸と聖なる夜」の執筆時。

このときによく聞いていたイメージソングが、『高嶺の花子さん/back number』です。

クリスマスイブに類と有栖の間で起こったあれこれ。

そこから札幌駅周辺を走り回る類の姿と疾走感に、こちらの曲を重ねて応援しておりました!

 

そして、3巻の2話「三月、木の子と夢の発芽」の執筆時。

このときのイメージソング1曲目は、『ソメイヨシノ~桜の木の下で~/SeanNorth』

そして2曲目は、『3月9日/レミオロメン』です。

どちらも春の桜舞う季節が目一杯に溢れている、本当に素敵な曲ですね。

3月の北海道は桜シーズンにはまだ少し早いのですが、

木の子と優人の最後の語らいのシーンには不思議と桜吹雪が見えるような気がしています。

 

\薬膳茶と胸きゅんで癒やしのひと時を/

 

『あやかし憑き男子高生の身元引受人になりました』のイメージソング

次に、『あやかし憑き男子高生の身元引受人になりました』です。

森原
森原

何でも屋を営む中性的美女の暁が自称甥っ子の千晶と彼に憑いてきたあやかしの烏丸とひとつ屋根の下になる家族愛とじれじれ三角関係の物語です!(一息!)

 

この作品のイメージソングは、『サクラビト/Every Little Thing』です。

何でも屋を営む主人公の暁と自称甥っ子の千晶、そして彼に憑いてきたあやかしの烏丸。

桜の季節に出逢った彼等の姿と、神々しい和の空気を感じさせる曲で、

聴いた瞬間に「この曲だ!」と胸がどきどきしました…!

 

\美少年自称甥と美形あやかしが現れた!/

 

『劇団拝ミ座』のイメージソング

最後に、『劇団拝ミ座』です。

森原
森原

感覚過敏で生き辛さを抱えた主人公遥がウエディングドレスを抱えた美青年雅にあれこれ言いくるめられて未練のときの再現のお手伝いをさせられるお話です!(一息!)

 

特に3話「真夏の牡丹に大輪の花束を添えて」のイメージソングになっているのが、

『打上花火/DAIKO×米津玄師』です。

とある夏の日の、儚く切ない想いが感じられる曲。

3話がまさに夏のお話で、花火がキーワードのひとつということもあり、

まさにイメージソングにぴったりだと思います。

 

\あなたの未練のときはいつですか?/

 

さいごに

今回は、長編小説の森原的イメージソングにつきまして語らせていただきました。

皆さんご存知の曲はございましたか?

森原は素敵な曲を耳にすると、すぐさまチェック!忘れないように購入!…な人間でございます(笑)

これからも素敵な曲に出逢って、自分が紡いでいく物語の世界をより豊かなものにできればと思います。

ここまでご覧いただきまして、誠にありがとうございました。

森原すみれ

 

皆さんの心に寄り添えますように

  

 

\まったりエッセイはいかがですか/